身近な病気の危険性|症状に適した治療|腰椎椎間板ヘルニアを悪化させない

症状に適した治療|腰椎椎間板ヘルニアを悪化させない

身近な病気の危険性

カウンセリング

患者が増えています

がんは、日本人の死亡理由の割合においても常に上位に君臨する病気で、体内の細胞が異常をきたし、それが体の様々な部位に転移し正常な部分をも侵食していくことによって発症してます。それによって様々な症状や、ときに命の危険をもたらしてしまうこともあります。近年、医療技術や衛生面での急激な発達が期待されていますが、同時に高齢化社会となり、がんの患者数は右肩上がりの状態であると言われています。そしてがんには、ウイルスの進入や老化による体内機能の衰えなど様々な発症要因がありますが、特に多いとされているのが、飲酒と喫煙です。この二つは、適度であれば問題はありませんが、日常的に毎日飲酒、喫煙をするという人は他の人に比べてがんの発症率が高いというデータがあります。飲酒、喫煙を毎日のようにしているという人は注意が必要です。

早期発見の重要性

がんの特徴の一つとして、転移しやすいということがあげられます。がんを発見し、手術で摘出したり薬で治療したりしても、発見が遅れていた場合だと、治療の過程で体の正常であった部分に転移してしまうことが多くあります。転移してしまった場合、もう一度手術や薬による治療を続けなくてはならないため、患者にとっては大きな負担となってしまいます。そのために重要なのが、がんの早期発見です。早めにがんを見つけ治療を行って完治してしまえば、転移の心配がなくなります。そして早期発見のために重要なことが、定期的な検診です。がんは、若い人でも起こりうる病気です。高をくくらずに、1年に一度は病院で検診を受け、がんの早期発見につとめましょう。