適切な治療で苦痛を緩和|症状に適した治療|腰椎椎間板ヘルニアを悪化させない

症状に適した治療|腰椎椎間板ヘルニアを悪化させない

適切な治療で苦痛を緩和

聴診器と病院

発生場所や進行具合

がんと診断されたら、早めの治療が必要です。がんによっては進行が早く、転移や再発を起こして手遅れにという事もあります。早期発見と、早めの適切な対処が、がんの危険性を防ぐためには重要です。がんの転移とは、例えば最初は肝臓で発生したがん細胞が、血管やリンパを通して他の場所に流れ、がん細胞を増殖させる事を言います。主に、脳や骨、肺など血液が流れやすい臓器や器官で起こるのが特徴です。転移は症状の進行や、発生した場所で大体の目星が付きます。肝臓がんなどは特に転移の可能性が高く、治療の際には肝臓の状態をまめに確認する事が必要になります。肺の場合は脳へ移る可能性が高いため、治療には脳への放射線治療を行う事があります。

自分の未来を見据えた治療

がんが転移してしまい、進行が進んでしまうと、場合によっては助かる事もありますが、完治は難しいと言えます。このような状態になってしまった時に考えるのは、自分がこれからどうやって過ごしていきたいか、という事です。治療には、効果が高いものもありますが、副作用が生じる可能性も否めません。趣味や家族と一緒に過ごしたい、まだ働いていたいというように、人によって考え方は様々です。自分の希望をはっきりと医師に伝える事で、理に適った治療を行える利点があります。現在の医療は進んでいるため、適切な治療法が増えています。完治は難しくても、自分が望んだ治療法を行う事で、精神的な苦痛を少しでも緩和出来るとされています。